虫歯について

虫歯は、ミュータンスと呼ばれる細菌が糖を利用して酸をつくり、その酸によって歯が溶け、穴があく病気です。初期の虫歯の場合、自覚症状もなく痛みもありませんが、虫歯の進行が進むにつれ、患部に細菌が繁殖して広がり、歯が痛み始めます。そのまま放置すると、他の健康な歯にも影響を与える場合がありますので、早期の治療が必要です。

虫歯の進行

虫歯の進行には、「最初期=C0」「初期=C1」「中期=C2」「後期=C3」「末期=C4」の段階があり、状態によって治療法も変わってきます。

虫歯の最初期「C0」

穴があく前、最初期の虫歯です。
溝の部分に茶色の着色がみられることがあります。
歯を削ることなく治療を終える事ができます。


虫歯の初期「C1」

表面のエナメル質まで、虫歯が進行している状態です。
ほとんど痛みがなく、虫歯に気付かない場合があります。
虫歯になった部分だけを削り、詰め物をするだけの簡単治療で済むため、痛みもほとんどありません。


虫歯の中期「C2」

エナメル質表層下の象牙質まで、虫歯が進行している状態です。
冷たい食べものや飲み物などが歯にしみたり、噛んだ際に痛みを伴う場合があります。
虫歯になった部分だけを削り、詰め物をするだけの処置を行いますが、治療で削る歯質が多い場合は、全体を覆うかぶせ物になる場合があります。


虫歯の後期「C3」

象牙質の奥にある歯髄という歯の神経にまで、虫歯が進行している状態です。
暖かいもの食べ物や飲み物でもしみるようになり、激しい痛みを伴う場合があります。
ここまで進行すると、歯髄の治療(根管治療)が必要です。
虫歯に侵された部分と歯髄を丁寧に全て取り除いた後、お薬を詰めます。


虫歯の末期「C4」

歯冠部をほとんど溶かし、歯の根の部分だけが残っている状態です。
既に歯髄という歯の神経が死んでいるので、強い痛みはありません。
噛むと違和感や膿が溜まって顔が腫れ、細菌が血管を通り全身に悪影響を及ぼす可能性があります。非常に治療が難しく、歯を抜歯しなければいけない場合があります。


歯は失って初めて、ありがたみがわかるものです。
あなたの大切な歯守るため、早期発見と治療が大切です。
少しでも違和感がある場合は、早めのご来院をお勧めします。

MI治療について

歯は一度、削ってしまうと、もう二度と再生することはできません。また、人工歯をつくったとしても、ご自身の歯に勝るものはありません。当院では、「MI治療(Minimal Intervention:ミニマムインターベーション)」を取り入れ、できる限り「削る量を最小限に、抜かない、神経を取らない、今の歯を大切にする」という考え方を第一に、虫歯治療を行っております。まずはご相談ください。

24時間いつでも予約!インターネットでのご予約はこちら。

愛知ひとまち歯科医院概要

愛知ひとまち歯科医院

【診療科目】一般歯科、小児歯科、入れ歯(補綴)
【住所】〒496-0862 愛知県津島市城山町2丁目130-1
【電話番号】0567-28-8280 【インターネット予約
【休診日】木曜日・日曜日
【アクセス】◎名鉄「津島駅」下車 徒歩15分
◎津島市ふれあいバス Aコース(公共施設巡回コース)
「申塚」バス停より 徒歩2分
◎愛西市巡回バス 佐織南ルート/八開ルート
「町方駅」バス停より 徒歩11分
【駐車場】あり(7台)

診療時間
8:45~13:00
15:45~21:00

院長ブログ

愛知ひとまち歯科医院 QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

オンライン診療予約 24時間いつでも予約!インターネットでのご予約

診療時間内のご予約は0567-28-8280